404ページ こだわりははユーザーを逃さない一つの方法です。
印象に残るページをデザインすることで、間違ったページやアクセスできないユーザーにアピールすることができるのです。

▼404エラーページエフェクトギャラリー
http://commte.net/blog/archives/6414

▼個性的な404デザインまとめ
http://www.billionplan.com/blog/design/404-error-pagedesign48.html

▼デザインの参考にしたい!404(not found)ページ33選
https://liginc.co.jp/president/archives/5567