イラストで有益を得られるストックサービス。一般的には写真が多いがイラストのストックサービスもかあり増えてますね。

絵を描く人は自分の書くイラストで収入を獲られるようになるのを目標に頑張っている人が多いと思います。

そんなクリエイターさんには気軽に挑戦できるのがイラストのストックサービスです。

自分のイラストを登録してそのイラストを購入さっれると、売り上げからシステム手数料等をひいた分のお金がクリエイターの売り上げとして配分されます。

イラストレーターを仕事にするためには

イラスト:仲間っていいよな

理想としては自分でクライアントを見つけるのが一番なのですが、実績がないとなかなか仕事の依頼がこないのです。

今はインターネットで何でもできる時代なので、クラウドサービスで仕事を募集したり、プレゼンに応募したりするのもオススメなのですが、初めてで地震がない、本当に自分の絵が買ってもらえるのか心配。

という方はストックサービスを利用してみましょう。

必要になるのはメールアドレスと個人・法人名・住所、電話番号、銀行口座の番号です。口座番号は後から設定できる場所もあります。売り上げが出てから設定してもいいです。

登録が完了したらイラストを投稿します。
投稿したイラストの審査がとおったら販売をすることができます。

イラストデータの注意点

写真:データ見本画像

イラストはデジタルデータであることが必要となります。adobeのイラストレーターで作った場合はベクターデータか、写真データで納品する場合はJPG画像でにする必要があります。

オリジナルデータであること

あたりまえの事ですがクリエイターオリジナルの作品であることが必要となります。他のクリエイターのコピーやキャラクターの複製などは利用できませんので注意しておきましょう。他にもトレースなども原画と構図などすべて同じ場合は権利の問題が発生します。その点についても注意しておきましょう。自分が作ったオリジナルの作品を投稿してください。

販売できる基準を満たしていること

ここが重要なんですが、販売できるレベルに達していること。実際に販売している作品と比べてみるのも必要です。サービスによって基準の違いはありますが、イラストレーターを目指しているあなたなら基準に立っているはずです。頑張ってくださいね。

もうひとつ確認しておきたい事があるんです。

販売するイラストが買うお客さんの必要としているものかという点です。イラストを購入しようと考えている人は、ビジネスであったり広告のようなものに使用する目的があります。そのため自分のためだけに描いた作品は投稿しないようにしましょう。

自分の作品は自分の作品で残しておきましょう。そんなイメージを求めているクライアントも多く存在しているので。

ストックサービスでの注意点

一見簡単で手軽に見えるストックサービスですが、もちろん注意点があります。一番気をつけておきたいのが、アカウントを盗まれることです。アカウントを盗まれたりするケースが意外とあるんです。

アカウントを盗まれた場合は早急に管理会社へ連絡してアカウントを停止することが必要になります。



ストックサービス会社

フォトリア

ロイヤリティフリーの画像、ベクター、動画を扱っている老舗です。

https://jp.fotolia.com/

写真素材 イラスト 写真ならフォトライブラリー

https://www.photolibrary.jp/

画像・動画の素材サイト

https://pixta.jp/

ゲッティイメージズが展開するストックフォトサイト「iStock」

http://www.istockphoto.com/jp/